読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潜って思考ダイビング

頭の中をつらつらと書き出していきます。

善福寺川の源流まで走ってきた。ランニングで2時間を超えると脚が痛くて走れない

f:id:gfyosswy:20161121182808j:plain

走りはじめてそろそろ一ヶ月半。
何となくカラダも慣れてきて、スローペースで30分走るぐらいなら走れるようになってきた。
走っていると仕事のことも忘れられるのがいい。(というか仕事からの逃避行動のような気もするけどどっちでもいいや。)

本当は家でゴロゴロして一日中寝ていたり、夜は酒を飲みに行ってゆったりしたいんだけど、M気質の自分としては、やりはじめるとしんどいと分かっていることもやってしまう。
要は「走ろう!」と腹を決めるまでが大変だ。

そういう意味では「週末は走ろう」と決めてるからまだ走る気になる。
朝起きて、まっさきにすることが無ければ、とりあえず走りに行く。

こないだは何を血迷ったのか長距離を走ろうと思った。
箱根まで100kmを自転車で走った時と比べれば、多少は長距離をランニングしても大したこと無い気がする。


新宿に流れ込む川に「神田川」がある。あの南こうせつが「赤い手ぬぐいマスラーにして」なんて歌っていた川は意外と近くに流れている。
横町の風呂屋がどこにあるかわ分からないけど、とりあえず神田川から上流を目指す。

後で知ったのだが、神田川善福寺川が1本につながって神田川になるらしい。
善福寺川沿いは気持ちのいい公園も多いのでこの日は善福寺川沿いを走ることにした。

一時間ぐらい走ったのかな?荻窪あたりで新宿方面に引き返そうと思っていたのに、
こんな看板が目に入ってきた「善福寺川 源流まで4.4km」
源流とは響きがいい。ワクワクする。そに行くと水がジョボジョボでているわけだ。
こうなると後先考えない。帰りのことを考えずにとりあえず、善福寺川の源流に向かって川沿いをひたすら走ることにした。

住宅地の間をくねくね曲がって流れる善福寺川をのぼっていくとそこは吉祥寺の北の方だった。電車で行ったとしても結構かかる。チャリでもいいかげん遠いのによく来たもんだ。
ここまで約13km。所要時間約90分。ペース的には6分50秒/kmぐらいなので、まずまずなスピード。

が、ここでアクシデント発生。
目的地の善福寺川の源流である善福寺川公園までたどり着いたのに、スマホの電池が切れた。
せっかく記録していたRunKeeperはもう動かない。写真も撮れない。
それだけならまだしも、慣れない土地に来ているのに地図アプリが見れないので帰りの方向が分からない。まずい。。。

とりあえず大通りを見つけ、紆余曲折しながら青梅街道にたどり着いた。
ふー、安心。と思った所でランニング開始から2時間経過。

ここで第二のトラブル。足の股関節がイタすぎる。

長距離を走ると足が前に出ないとは聞いていたけどこういうことか。
人によって足首だったり、ヒザだったりすると思うけど、自分の場合は股関節だった。
股関節が痛いのでそもそも脚が前に出ていかない。

かろうじて歩くことはできるので、歩く⇒ジョグ⇒歩く の繰り返し。
結局、ほぼ歩いて帰ってきた。

吉祥寺から中野まで、どれだけ時間がかかるのかと思ってたけど2時間ぐらいで帰れた。
えらい遠出したつもりだけど2時間あれば徒歩で家に帰れるって、やっぱり東京って狭いなと思う。

何はともあれ、足が痛い。
これに慣れないとマラソンなんて走れないんだろな。
てか、この痛みを経験せずにマラソンを走るほうが自殺行為なので、あらかじめ早めに経験できてよかった。

気が向いたら20kmぐらいぶっ通しで走ってみたい。
気が向いたらなので、どっちかというと家でゴロゴロしたい。